現地参加でのWebex配信発表について

オンライン参加でWebex配信発表をされる方は、別のページをご参照ください。

はじめに

この方法でのご発表は、従来の学術大会の場合と大きくは変わりません。ご自分のPCをご持参頂き、演壇にご登壇頂き、Webex Eventsにより開催されているオンライン会場においてプレゼンターに指名されましたら、御自分でPCを操作して発表資料を表示していただき、演壇に備 え付けのマイクに向かってお声をいただきます。

発表方法の対比
ビデオ出力発表 Webex配信発表 (現地参加)
現地会場(ホール、会議室など)に入る 現地会場にお入りいただき、加えて、
Webex Events のオンライン会場にもお入りください
登壇する ご登壇頂き、加えて、
Webex Events のプレゼンターのご指名を受けてください
HDMI端子より発表資料が出力されるようにする Webex Eventsにより発表資料のアプリの表示を共有する
演壇に備え付けのマイクに向かって話す 演壇に備え付けのマイクに向かって話す

Webex Events を用いたご発表の方法についてはWebex登壇者マニュアルをご参照ください。

マニュアルを開く

Webex Events を用いての発表をご予定の先生は、発表操作講習会およびリハーサルにご参加頂きますようお願いいたします。
また、ご発表の前には、必ず、開催地の座長・演者受付にお立ち寄りください。
資料映像の表示ができず発表を開始できない、あるいは、準備に手間取り発表時間が短くなるなどのトラブルが発生した場合でも代替の発表時間をおとりすることはありません

セッションの基本的な流れ

  1. 必ずセッション開始前に演者待機席にご着席下さい。加えて、
    オンライン会場にご入場ください。入場の方法は参加者と同様です。詳しくは「お試し参加セッション」ページをご参照ください。
  2. ご発表の時間までは、同セッションの他の演者の発表にご参加ください。
  3. ご発表の時間が近付きましたら 、発表資料の準備をお願いします。
    • 発表資料を表示するためのアプリを起動し、発表資料のファイルを開いておいてください。
  4. ご発表の時間になりましたら、PCをお持ちになってご登壇いただき、ご発表の準備をお願いいたします。
    • 実行委員がプレゼンターに指名いたします。
    • 発表資料を表示するためのアプリをWebex Eventsで「コンテンツ共有」してください。
    • 準備が整いましたら実行委員に合図を頂けますようお願いいたします。
  5. 座長よりご紹介がありましたら、ご口演を開始してください。
  6. ご口演がおわりましたら、質疑のお時間になります。
    • 発表資料は表示したままにしてください。質疑時に参照する場合がございますので、
    • 座長あるいは実行委員が、会場(現地会場およびオンライン会場)に参加 の方を指名し質問して頂きますので、お答え頂けますようお願いいたします。
  7. 質疑が終了いたしましたら、ご発表のお時間は終了です。
  8. 実行委員がプレゼンンターの指名を解除いたします。
  9. PCをお持ちになって演者待機席にお戻り頂きご着席ください。
  10. 引き続き、同セッションの他の演者のご発表にご参加ください。
  11. セッションが終了しましたら、演者待機席よりお立ちください。

ご用意頂くもの

PC

発表操作講習会

既にメールにてご案内しております。

発表操作講習会の開催予定
月日 時間 (○が開催予定です)
12:00〜13:00 18:00〜19:00 19:00〜20:00
11/10 (火)
11/11 (水)
11/12 (木)
11/13 (金)
11/16 (月)

Webex 講習会

大会期間前のリハーサル

Webex Events を用いての発表をご予定の先生は、大会期間前のリハーサルにご参加頂きますようお願いいたします。

「ご発表に使用予定のPCが Webex Events での発表に対応しているか」、「発表映像が正しく配信できるか」といった事前の確認が大変重要になります。そこで、リハーサル専用のオンライン会場をご用意いたしました。「できるだけ当日と近い環境で」、「発表で使用するPC」でのご参加をおねがい致します。
なお、リハーサルはボランティアの実行委員にご担当頂いております。

リハーサル会場

リハーサル会場は二つ御用意いたしました。
入場いただきますと、待機している実行委員よりお声がかかります。もし、お声がかかりませんでしたら、Webex Events の「挙手」機能でお知らせください。

スケジュール

以下のボタンよりリハーサルの開催スケジュールをご確認ください。
スケジュールは変更となる場合がございますことをご了承ください。

リハーサルのスケジュール

ご発表前の受付


※1 HDMI端子より映像出力が可能であればノート型PCでなくても問題はございませんが、演壇の天板は広くはなく、また耐荷重も高くありません。また、演者待機席および演壇には電源コンセントを用意いたしますが、演者待機席から演壇までの移動の間には電源供給を継続することができませんのでバッテリー内蔵のものをご用意ください。
※2 LinuxなどUNIX系のOSについては、Webex Events アプリが無い場合や設定が難しい場合がございますので、技術詳細についてご理解いただいている方のみご利用ください。 モバイルデバイス(スマートフォン、タブレット等)では発表資料のコンテンツ共有の操作手順が煩雑となりますので、操作方について習熟されている方のみご利用ください。 ご説明は Windows または macOS を前提としております。ご了承ください。
※3 Web会議システムは、画像や音声のデータの圧縮・伸張などの計算処理をリアルタイムで行っており、CPUに対してかなりの負荷をかけます。 計算処理が追い付かなくなると画質、音質が劣化したり途切れたりします。 ご発表される場合には、発表資料を表示するアプリ(PowerPointなど)と並行処理となりますので視聴のみより負担が更に高くなります。